旅行 日焼け止め

旅先で大変な目に遭遇

私はいままで日焼け止めにこだわったり、外に出かけるときもそんなに強く塗ったりしていませんでした。私の肌はかなり白く、日焼けしても赤くなるだけですぐ皮がむけてきれいになっていましたので、日焼けしてからの痛みを少々我慢すればそんなに日焼け対策をしなくても大丈夫だと思っていました。しかし、23歳の夏、社会人になって同期と旅行で2泊3日で海に泊まりに出かけてからその意識は変わりました。その旅行ではいままでどおりの簡単な日焼け対策して行ってませんでした。

2日連続で海に繰り出しましたが、1日目にすでに日焼けして赤くなっていて、2日目は太陽の下に行くだけで背中や肩が熱い、痛いという状況のまま1日中遊んでいました。するとその夜ホテルに帰ると肩はやけどのようになっており、お風呂に入ることもままならないくらい痛かったのを覚えています。それで終わればいいのですが、今回は年を取ったせいなのか、日焼けが収まってからの私の肩はシミだらけになってしまいました。ちゃんとした日焼け対策、アフターケアをこのときから初めて認識し、今愛用している日焼け止めを夏は平日でもばっちり使っています。